アイスランド航空・グリーンランド航空・アトランティック航空日本総代理店 株式会社ヴァイキング
株式会社ヴァイキング 4航空会社日本総代理店 アイスランド航空 グリーンランド航空 アトランティック航空 エアーアイスランド よくある質問Q&A お問い合わせ 当サイトの使い方
HOME モデルツアー 航空券 ホテル 現地ツアー
HOME > アイスランドの今を知りたい!特派員レポート > ICELANDAIRWAVES 2016 Report (沢井陽子様)

アイスランドの今を知りたい!特派員レポート

掲載日:2016年11月11日

ICELANDAIRWAVES 2016 Report (沢井陽子様)

BIC8566[1].jpg
※掲載写真は全て沢井様が撮影されたものです

毎年恒例のアイスランド・エア・ウエイブス。
個人的には4回目になり、一番滞在期間が少なかった(2日!) が、とても充実し、アイスランドーレイキャヴィックが、日常的に感じるようにもなった。

毎年思うのは、気候がどんどん温暖化している。今年もかなり軽装で行ったのだが、難なく快適に過ごせた。観光客もエア・ウエイブスに関わらずとても多い。オーロラが日常的に見れるし、ブルーラグーンやこの世の物とは思えない美しい自然が目の当たりに見れるから、あたりまえなのだが。ただ、道を聞くとたいてい、「私はここ出身じゃないから」といわれ、地元の人は何処にいるのかとも思う。町の大きさに合っているのか、自転車に乗っている人が多い。端から端まで歩いても、多分1-2時間ぐらいなので、自転車は地元の人の足なのだろう。私は、歩いているとすぐに止まって景色を眺めるので、なかなか進まない。町の中心にある、ミュージック・ホールのハーパ周辺の港と景色は、何処を写真撮っても絵になるのである。ピンク色の空である。
IMG_0699.JPG
IMG_0698.JPGIMG_0704.JPG
IMG_0711.JPGIMG_0719.JPG
IMG_0790.JPGIMG_0713.JPG

一般的なアイスランドガイドは、これぐらいで、エア・ウエイブスへ。
私のメインは、オフ・べニューと呼ばれる、昼間行われるイベントで、日本やアメリカでも見れない、地元のアーティストから、ツアーバンドまでが、レイキャヴィックのバー、レストラン、洋服屋、洗濯屋、レコード屋、ホテル、銀行など、音楽をプレイできる所なら何処でもライブをしているのである。バンドによっては一日3ステージこなし、エアウエイブス期間に10以上のライブをすることもある。新しいバンドに出会うのに、こんなに良い機会はない。何となく予定は立てるが、アクシデントで良いバンドに出会ったり、知り合いにばったり出くわしたり、人が何よりみんな親切なので、心地の良い所にずーっと居てしまったりする。エア・ウエイブスのいい所は、時間にきっちりしているので、何かをミスってもすぐ予定を立てやすい。

今回の新しい会場ベスト2は、港近くのbryggjan brugghusとBar Ananas。方向音痴なので、名前は前回も見ていたと思うが、たどり着けなかったのである。どちらも、基本的にレストラン・バーで、普通のお客さんもいながら、オープン・スペースでバンドがプレイしている。bryggjan brugghusはビストロ風、Bar Ananasは常夏風でトロピカルなサーフ気分が味わえる。
IMG_0730.JPGIMG_0703.JPG
新しいバンドとしては、Skrattar , GANGLY, GKRで、リピートとして、Samaris, Mammut, Hermigervill, Fufanu, Mr.Silla辺りが良かった。キー人物がいろんなバンドでプレイしているので、それを追いかけると、良いバンドに自動的に出会うのである。例えば、SamarisのJofridur。彼女は、Samaris以外に、 Pascal Pinon, GANGLY,そしてソロ JFDRをやっている。GANGLYは全くの知識がなかったのだが、見てすぐに彼女がシンガーだとわかった。服装が彼女独特のレースや毛皮などのアクセサリーをつけていたし、彼女の歌声は特別だから。

IMG_0732.JPGIMG_0874.JPG
IMG_0783.JPGIMG_0834.JPG
IMG_0877.JPGIMG_0898.JPG
IMG_0840.JPGIMG_0872.JPGIMG_0749.JPG
IMG_0814.JPGIMG_0843.JPG
IMG_0855.JPGIMG_0815.JPG
見れなくて残念だったのは、やっぱりビョーク。私はDARLINGリストバンドをもっていたのだが(列に並ばず入れるVIPリストバンド)、それでも入れず、会場のハーパで雰囲気だけを味わっていた。見れた人は本当にラッキー。アメリカのバンドはNYでも見れるので、ことごとくスキップしてしまったが、Santogold, Warpaint,Frankie cosmos辺りは見たかった。

IMG_0701.JPGIMG_0863.JPG
今年は2日しかいなかったが、全くの価値あり。新しいバンド、新しい物、事、上から下まで十分にインスパイアされた。歩いていると、知り合いにたくさん会う(町が小さいので)、アイスランドは何を食べても美味しい(今年はインド、タイ料理に挑戦した)。人々は、朝まで普通にパーティしているし、人生を謳歌しているように見える。

便利なのは、何処でもクレジットカードが使え、何処にでもWi-Fiがある。連絡も密に取り放題。もう一つ、アイスランドは安全、親切。朝6時にバスを待っていると、シリアから来たという男の子に、簡単に友達になったり、バスの乗り場を間違えて待っていたら、ホテルの男の子スタッフが、わざわざ正解のバス停まで連れて行ってくれ、バス会社に電話して、私がミスっていないかを確認してくれたり、バスが来たら、わざわざ止めて、そのバスがあってるかどうか確認してくれたうえで「良い旅を!」、送り出してくれるのである。こんな親切な人います?でもこれが平均的なアイスランド人。涙が出そうな、マジカルなアイスランド体験。今年もありがとう!

IMG_0796.JPG

最後に今回見たバンドのリスト。

Fri 11/4
Just another snake cult @bio Paradis
Samaris @bryggjan brugghus
Mammut @bryggjan brugghus
Kott gra pje @bryggjan brugghus
SiGRUN @12 tonar
THROWS (UK) @12 tonar
Gruska Babuska @ Bar 12
GKR @ American bar
Dolores Haze (Sweden) @gaukurinn
IDLES (UK) @gaukurinn
Hermigervill @ gamla bio


Sat 11/5
asdfhg. @ Hlemmur Square
Kaelan Mikla @ Hlemmur Square
Fufanu @ Bar Ananas
Mr.Silla @ NASA
Skrattar @ Gaukurinn 
GANGLY @ Gamla Bio
Chinah (DK) @ Gamla Bio

公式サイト
http://icelandairwaves.is/

エアウエイブス・サバイバルガイド
http://grapevine.is/culture/music/airwaves/2016/10/31/iceland-airwaves-survival-guide/?=rcar

Yoko Sawai
11/7/2016

特派員レポート一覧

スマートフォンでも見られます!
北大西洋諸国ガイドブック アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島を紹介。数少ない日本語のガイドブックです。

スマートフォンサイトもあります。

スマートフォンサイトに移動