アイスランド航空・グリーンランド航空・アトランティック航空日本総代理店 株式会社ヴァイキング
株式会社ヴァイキング 4航空会社日本総代理店 アイスランド航空 グリーンランド航空 アトランティック航空 エアーアイスランド よくある質問Q&A お問い合わせ 当サイトの使い方
HOME モデルツアー 航空券 ホテル 現地ツアー
HOME > アイスランドの今を知りたい!特派員レポート > 2月のアイスランド&グリーンランドレポート(by東條様)

アイスランドの今を知りたい!特派員レポート

掲載日:2017年02月22日

2月のアイスランド&グリーンランドレポート(by東條様)

旅の全行程を楽しく無事に終了して帰国しています。
色々と手配と情報の提供をありがとうございました。

今回の旅行で感じたことなどをご報告します。
これからグリーンランドへ行く方へのご参考になればと思います。

1.成田→コペンハーゲン→レイキャヴィーク のチェッククインと手荷物
 教えていただいた通りにチェックインと手荷物の預かりはスルーでできました。
 ただ今回の僕のように成田→コペンハーゲンとコペンハーゲン→レイキャヴィークの航空券を別に手配した場合は
 注意が必要です。

①自動チェックイン機だと成田→コペンハーゲンのみしかチェックインできないパターンがあります。
今回の僕は成田→コペンハーゲンがANA社で手配、コペンハーゲン→レイキャヴィークがヴァイキング様手配だったのですが、
自動チェックイン機を使ってANA社のe-チケットでチェックインをすると(当然ですが)コペンハーゲンまでしかチェックインできません。ただ、人が居るカウンターでチェックインをやり直してもらえば成田→コペンハーゲン→レイキャヴィークで航空券が発券されます。

②手荷物の超過料金が出た場合は成田→コペンハーゲンとコペンハーゲン→レイキャヴィークで別々の超過料金になるそうです。またこの場合は航空券も手荷物の預けも別々になるそうです。
僕は今回28kgで重量超過だったのですが、特別対応により全部スルーで超過料金(43ユーロ)も1回分で済みました。
チェックインの時に一度スルーで航空券を(再)発行していたのとこのパターンがANA社の方も解っていなくて時間が掛かったための特別対応でした。
僕自身は時間には余裕があったので苦情を言った訳でもなかったのですがラッキーでした。
この辺の構成はANA社員でも即対応ができないくらいなので、注意が必要です。

2.グリーンランドの空港への準備
 カンガルスァック空港,イルリサット空港ともにボーディング・ブリッジは無く駐機場を歩いて空港ビルに行きます。
 (カンガルスァック空港はバスの時もありますが。)
 冬の路面は凍っていますので滑りにくい靴を履いていった方が良いです。
 僕は樹脂製スパイクが付いた靴だったので問題はありませんでしたが。
11gl.jpg

3.カンガルスァック→イルリサット便の座席
 グリーンランド国内線は自由席です。日本人には飛行機の自由席はあまりなじみが無いので注意が必要です。

4.カンガルスァック空港でのイルリサット行へ乗換の注意
 搭乗口が1つしかなく、出発が乱れている場合は出発便が急に変わります。
 僕が乗った時もヌーク行とイルクサット行がいずれも遅れていて、
 一度はヌーク行の表示だったのが突然イルリサット行に変わりました。
 放送も細かくはありません。
 僕は搭乗口の近くで待っていたので、即時に反応しましたが。
21gl.jpg  22gl.jpg

5.イルリサットでのピックアップ
 出迎えが遅れることがあるようです。(苦情ではありません。海外では良くあると思います。)
 その場合はホテルのネームプレートの所で待っていれば良いと、後から行く方へご連絡ください。
ロビーに入ると手荷物のコンベヤが有り、その奥の左にロビーへの入り口があります。31gl.jpg 32gl.jpg 


ロビーに入った目の前にピックアップ場所があります。
33gl.jpg


6.座席の注意
 同じクラスの席でも長時間乗る時は注意する場所があります。
 今回は成田←→コペンハーゲンはスカンジナビア航空のA340だったのですが、
 行きも帰りも機体の曲がった所に当たってため窮屈な思いをしました。(自分で予約したので勉強不足でしたが。)
 後部(エコノミー)の40,41番の窓際で、前の座席と自分の座席が横にずれているため
 自分の足を伸ばした所に前席の脚があってまともに足を伸ばせませんでした。
 全部(ビジネス)の2,3番あたりも同様でチョット足置きがオフセットしていて足が真っ直ぐ伸ばせません。
 まあ多少の深いくらいですが。
   それよりSKのビジネスは窓際(A席)と言いつつも奇数番は窓際がコンソールで
 座席が通路側なのでC席(通路側)と同様です

7.イルリサットの滞在
 ホテル・ヴィードファルクはリクエスト通りに海側の部屋を準備していただきました。
 窓から流氷と氷山の海を眺めているのもノンビリできます。

41gl.jpg
このレイアウトの上側が海です。東條が泊まったのは階段の前の402号室です。
418,419がベストかも知れません。

1点だけ申し上げるとエレベータが無いので重い荷物がある時は覚悟が必要です。
Total 40kg近い荷物はきつかったです。

近くのスーパーには暖かいお弁当に近い物や暖かいハンバーガーのようなサンドイッチもあるので
食べるものにも困らないです。開店時間には注意です。10:00~18:00だったかなぁ。
42gl.jpg

今回泊まったホテルにはどこも湯沸かしポットがありませんでしたが、
ここヴィードファルクでは(保温)ポットのお湯を入れてくれました。

窓からオーロラを見るのならホテル・アイスフィールドが良いかも知れません。
街外れだし海を望む窓がオーロラを見られる方向です。
街の中心まで15分くらい掛かりそうですが、帰りが下り坂なので助かります。

言葉の問題などで、現地係員の方にはご迷惑をお掛けしたこともありましたが
そんな日本人にも丁寧に対応していただいたのはありがたいし、グリーンランド人の優しさだと思いました

8.レイキャヴィークの滞在
 今回泊まったホテル・イスランドはなかなか泊まりやすいホテルでした。
 ただ街中にもう少し近いところに同様なホテルがあると最高です。


以上、今後に旅行される方の参考になれば良いかと思います。

今回の旅でどちらの国も非常に好きになりました。
またアイスランド、グリーンランドへの旅行の時はお願いします。

**********************************************************************************

とても貴重な情報な冬のアイスランド・グリーンランドの情報をありがとうございました!
是非次は、夏のアイスランド・グリーンランドを訪れてみてください♡
(ヴァイキング社・スタッフより)



特派員レポート一覧

スマートフォンでも見られます!
北大西洋諸国ガイドブック アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島を紹介。数少ない日本語のガイドブックです。

スマートフォンサイトもあります。

スマートフォンサイトに移動