アイスランド航空・グリーンランド航空・アトランティック航空日本総代理店 株式会社ヴァイキング
株式会社ヴァイキング 4航空会社日本総代理店 アイスランド航空 グリーンランド航空 アトランティック航空 エアーアイスランド よくある質問Q&A お問い合わせ 当サイトの使い方
HOME モデルツアー 航空券 ホテル 現地ツアー
HOME > アイスランドの今を知りたい!特派員レポート > 晩冬のアイスランド10日間ツアーby 特派員(2017/03/03~12)その④

アイスランドの今を知りたい!特派員レポート

掲載日:2017年04月07日

晩冬のアイスランド10日間ツアーby 特派員(2017/03/03~12)その④

こんにちは!

日が長くなった3月上旬のアイスランドを8泊10日で旅してきました。

今回は、その④をお届けします!

その③はこちら。

 

【7日目 スナイフェルスネス半島】

7:30 ピックアップの小型バスに乗車。バスターミナルで大型バスに乗り換えます。今回のツアーはチケットへの交換は不要でバウチャーのまま乗車できました。

8:00過ぎにツアー出発

IMG_8361.JPG

9:00過ぎにボルガルネスという町でのトイレ休憩(30分程)を挟み、10:00過ぎにスナイフェルスネス半島の入口にて最初のフォトストップ。

IMG_8357.JPGIMG_8360.JPG

 

10:45頃、イートリ・トゥンガに到着。こちらのビーチでは高い確率でアザラシにあえることで有名です。今回もバッチリあうことができました。写真だとかなり小さく判りにくいですが、ビーチにある岩の上に乗っているのがアザラシ達です。

IMG_4692.JPG

ビーチと反対側の景色が素晴らしかったので、パノラマ写真を撮ってみました。

IMG_4695.JPG

 

11:30過ぎにスナイフェルスヨークトル氷河を遠望できるフォトストップ

IMG_8386.JPG

 

12:00~12:40 Hellnarという漁村でランチタイム

IMG_8390.JPGIMG_4729.JPG

レストラン内で注文するか、もしレストランでの食事を希望しない場合、少し離れた場所にあるベンチで下写真のような風景を眺めながらピクニックをすることも可能です。

IMG_8387.JPGIMG_8388.JPG

 

13:00~13:45 アルナルスターピ

海岸線の美しい景観を見ながらショートハイキングが楽しめるこのツアーの1番の見どころです。

IMG_8404.JPGIMG_8423.JPG

IMG_8438.JPGIMG_4745.JPG

IMG_8450.JPGIMG_4755.JPG

 

14:15~14:50 ジュパロゥンスサンドゥル

奇岩の並ぶ黒砂のビーチで、駐車場から歩いてビーチまで降りることができます。

IMG_8471.JPGIMG_4759.JPG

IMG_8465.JPGIMG_8466.JPG

こちらのビーチも波が高く危険な為、あまり波打ち際に近寄るとガイドに注意されます (^_^;

 

15:05 クレーターにてフォトストップ

IMG_4766.JPGIMG_4767.JPG

 

その後もいくつかのフォトストップに停まりながら、レイキャヴィークに向かいます。

IMG_4768.JPGIMG_8479.JPG

 

残念ながら15時以降は雲が多くなってしまい、キルキュフェトル山は隠れて見ることができませんでした。

途中20分程のトイレ休憩を挟み、レイキャヴィークに到着。いくつかのホテルを回りながら19:30に今宵のホテルFoss Hotel Baronに到着。

DSC04354.JPG

これで7日目が終了です。明日はいよいよ最後の観光の目玉、ブルーラグーンに向かいます。

 

【8日目 ブルーラグーン】

8:30にホテルを出発し徒歩で視察先のHotel Cabinに向かいます。

途中ホフジ・ハウスに立ち寄ります。1986年にレーガン元米大統領とゴルバチョフ元ソ連書記長が会談した場所。冷戦と和平のシンボルとなっています。

DSC04377.JPG

 

9:00 Hotel Cabin視察

DSC04378.JPG

 

10:00 Hotel Fron視察

DSC04115.JPG

 

11:30 Foss Hotel Baronに戻り、バスでブルーラグーンに向かいます。

しかし11:45になっても迎えのバスが来ず、念の為ツアー会社に電話をし確認をしてもらっている途中で、11:50過ぎにようやく迎えのバスが到着。無事乗ることができました。

BSIバスターミナルにてバウチャーをバスチケットに交換し、大型バスに乗りこみます。

DSC04437.JPGDSC04436.JPG

今夜の宿泊先はブルーラグーンの近くにあるNorthern Light Innというホテルなので、ブルーラグーンではなく先にNorthern Light Innで降ろしてもらえるようドライバーにお願いをしておきます。

 

12:50頃 Northern Light Innに到着

Northern Light Innにチェックイン後、ホテルを視察。

2 (2).JPG

 

14:00 Northern Light Innの送迎バスでブルーラグーンに向かいます。

ブルーラグーンには2-3分で到着。まずはブルーラグーンに隣接するシリカ・ホテルの視察に向かいます。

ブルーラグーンの駐車場からシリカ・ホテルまでは1km程あり、しかも砂利道なのでスーツケースを転がして徒歩で向かうのはかなり厳しいことが分かりました。

DSC04484.JPGDSC04487.JPG

徒歩が難しい方はブルーラグーンにバスで到着した際の駐車場に荷物預り所がありますので、そこでシリカ・ホテルに連絡してもらい、その場所まで迎えにきてもらうことができます。

DSC04480.JPGDSC04478.JPG

 

14:20 シリカ・ホテル視察

DSC04488.JPGDSC04491.JPG

視察後、徒歩でブルーラグーンまで戻ります。

 

15:00 ブルーラグーン視察

担当者の方とブルーラグーン内の施設を巡り、ブルーラグーンがどうやってできたのか、アイスランドのエルフ神話、ブルーラグーンの成分についてなど興味深い話を聞くことができました。

DSC04523.JPGDSC04519.JPG

視察ツアーの後は、いよいよ実際にブルーラグーンに入浴します。受け取ったブレスレットが入場券、ロッカーの鍵、施設内での精算の全てを兼ねています。ロッカーには日本語でも利用案内が表示されているので分かり易いです。先に身体を洗ってから、水着に着替え、ブルーラグーンの入浴エリアに移動します。

DSC04521.JPGDSC04546.JPG

外に出ると風が吹いていて、水着を着る前に身体が濡れているので、めちゃくちゃ寒いです!

お湯の温度は大体38~40℃程度。長湯するにはちょうどいい温度です。

でもお湯に浸かっている部分は温かいのですが、出ている首から上は結構寒いです。

DSC04549.JPGDSC04560.JPG

写真を撮りながら広いブルーラグーンを探検し、一通り見終わったところで、Mask Barにてシリカ・マスクを顔に塗ってみました。

SILICAマスクはディープ・クレンジング、肌質の強化、毛穴を見えにくくするなどの効果が期待できます。顔に塗って5-10分程したら落とします。

DSC04570.JPGDSC04563.JPG

次にALGAEマスクを塗ります。SILICAマスクは誰でも無料で手に入れることができるのですが、ALGAEマスクはComfort/Premium/Luxuryプランで入場した方のみ料金に含まれており、それ以外のプランで入場した方は別途450ISKを支払えば利用することができます。ALGAEマスクは肌への栄養補給、リフトアップ、ブライトニングの効果が期待できます。こちらも塗って5-10分程したら落とします。

DSC04564.JPG

ブルーラグーンでは入浴しながら、バーでドリンクを飲むことも可能です。

DSC04575.JPG

17:30近くまで入浴し、シャワーを浴びて着替えます。

施設内でドリンクやマスクなど何か購入した場合には出口でブレスレットを見せて精算します。精算後、ブレスレットを返却して終了です。

18:05 Northern Light Innの送迎バスにてホテルに戻ります。

13.JPG

 

19:20 Northern Light Innで最後のディナー

メインはCod with melted butter sauce、ドリンクはBlack berry ciderを頼みました。一応アルコールです。

DSC04612.JPGDSC04610.JPG

大満足な8日目が終了。明日はアイスランド出発の日です。

 

【9~10日目 アイスランド~コペンハーゲン~成田】

準備が心配だったので朝3:00に起床。最終のパッキングを終えて、4:30前にチェックアウトをし、朝食会場に向かいます。アイスランドの多くのホテルでは通常の朝食時間よりも早く簡易的な朝食を準備してくれる場合があり、このホテルも通常の朝食は7:00~ですが、4:30~アーリーブレックファストを用意してくれます。早朝のフライトで出発する旅行者には有難いサービスです。

DSC04618.JPGDSC04620.JPG

Northern Light Innでは、決まった時間のみとなりますが、ホテルからケフラヴィーク空港まで無料送迎をおこなっています。今回は始発の5:00発で空港に向かいました。

 

空港には20分程で到着。帰りもケフラヴィーク~コペンハーゲン~成田と全て通しで荷物を預け、航空券も2区間分1度に発行されました。チェックインカウンターは私が到着した時には空いていて2人しか並んでいなかったのですが、6:00頃にはかなり混みあっていました。

IMGP3656.JPGRIMG2731.JPG

チェックイン後セキュリティ・チェックを受け、免税店を見たりと最後のアイスランドを楽しみました。

RIMG2734.JPG

 

8:00 FI240 ケフラヴィークを定刻に出発

DSC04623.JPG

 

12:00 コペンハーゲンに定刻に到着

乗り継ぎ便も既にチェックイン済みなので、搭乗ゲートを確認して身体1つで次のゲートに向かいます。

セキュリティ・チェックを受けた後、免税店や飲食店などが軒を連ねるエリアに入ります。SASラウンジもこのエリアにあります。パスポート・コントロール(出国手続き)はこのエリアとゲートの間にあり、ラウンジなどを利用される方はパスポート・コントロールが混んでいる場合も見込んで早めにゲートに向かわれる方がいいかもしれません。

DSC04628.JPG

 

15:45 SK983 コペンハーゲンを定刻に出発

復路も往路と同じ機材で、概ね同じサービス内容でした。

DSC04630.JPGDSC04631.JPG

翌3/12 10:25 定刻よりも15分程早く成田に到着

 

いかがでしたでしょうか?

4回にわたって特派員レポートをお届けしましたが、少しでもアイスランドの雰囲気や魅力が皆様に伝われば幸いです。

今回ご紹介したツアーの中には冬期限定のものもありますが、これからの時期は夏期限定ツアーがたくさんございますので、アイスランドに少しでもご興味がある方は是非(株)ヴァイキングまでお問い合わせください。お待ちしております。

 

特派員レポート一覧

スマートフォンでも見られます!
北大西洋諸国ガイドブック アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島を紹介。数少ない日本語のガイドブックです。

スマートフォンサイトもあります。

スマートフォンサイトに移動