アイスランド航空・グリーンランド航空・アトランティック航空日本総代理店 株式会社ヴァイキング
株式会社ヴァイキング 4航空会社日本総代理店 アイスランド航空 グリーンランド航空 アトランティック航空 エアーアイスランド よくある質問Q&A お問い合わせ 当サイトの使い方
HOME モデルツアー 航空券 ホテル 現地ツアー
HOME > アイスランドの今を知りたい!特派員レポート > 晩冬のアイスランド10日間ツアーby 特派員(2017/03/03~12)その②

アイスランドの今を知りたい!特派員レポート

掲載日:2017年04月04日

晩冬のアイスランド10日間ツアーby 特派員(2017/03/03~12)その②

こんにちは!

日が長くなった3月上旬のアイスランドを8泊10日で旅してきました。

今回は、その②をお届けします!

その①はこちら。

 

【3日目 南海岸とブルーアイスケーブ1泊2日ツアー(1日目)】

今日はいよいよ今回の視察のメインである、ブルーアイスケーブを含む1泊2日ツアーの出発日です。

朝9:00よりツアーのピックアップが始まるので、9:00からホテル玄関前で待機です。

なかなか来ないので不安に待っていると、9:15にようやくバスが。

IMG_8136.JPG

何組かピックアップした後だと思いきや、なんと私が1人目!

それから他のメンバーをピックアップし、全員のピックアップを終えたのは9:50をまわっていました。

元々ピックアップは9:00~9:30の予定ですが、やはりかなり遅れることもあるのだと実体験しました。

今回のメンバーは全部で15名。アメリカ人10名、中華系の家族4名、日本人が私1名です。

 

11:00頃、南海岸の入口にてフォトストップ

IMG_8127.JPGIMG_8128.JPG

 

11:15~11:45 トイレ休憩

この後行く滝では滑りやすい場所があるので「この店で簡易アイゼンを購入するのもお勧め」というアナウンスがありました。私は既に日本で購入し、このツアーに持参していました。

IMG_8137.JPGIMG_8138.JPG

 

12:00~12:30 セリャラントスフォス

落差60mほどの美しい滝です。滝の裏側まで行くことができ、滝の迫力を間近で体験できます。

IMG_8146.JPGIMG_8151.JPG

事前のアナウンスがあった通り、滝までの道は凍っており、かなりのアイスバーン状態でした。アイゼンを事前購入しておいて大正解!アイゼン無しで歩いている人達は、今にも転びそうになりながらツルツルと歩いていました。

IMG_8147.JPGIMG_8149.JPG

滝の裏側まで行きたかったのですが、風がとても強く、水しぶきが激しかったので断念。風と水しぶきで滝の周辺はかなりの寒さでした。

 

13:05~13:40 スコゥガフォス

幅約25m、落差62mというセリャラントスフォスと並ぶ南海岸の有名な瀑布です。

IMG_8169.JPGIMG_8166.JPG

滝の右側に階段があり、滝より高い位置まで登ることができます。上まで登るのは結構大変なのですが、滝を間近で見下ろすことのできる貴重な体験で、私は正面から見る滝よりも、上から見下ろす滝の方が迫力がありよかったと思います。登る価値有りです。

IMG_8160.JPGIMG_8168.JPG

 

14:00~14:30 レイニスフィアラ

ヴィークの町に程近い黒い砂浜です。柱状節理という溶岩が急激に冷えてできた自然の造形美やレイニスドランガルと呼ばれる奇岩を見ることができます。

IMG_8182.JPGIMG_8176.JPG

IMG_8178.JPG

近年この場所で高波による事故が起きており、注意を呼びかける表示がたくさんありました。実際私の近くにいた男性も急に足元まで水がきてしまい、驚いて転んで濡れてしまっていました。

IMG_8177.JPGP3313975.JPG

 

15:00~16:00 昼食

この日はガイドさんが以前働いていたというヴィークにあるレストランでいただきました。

ガイドさん一押しメニューの「ステーキサンドウィッチ+さつまいものフレンチフライ」をオーダー。

サツマイモのフレンチフライは初めて食べましたが、ほんのり甘くとても美味しかったです。

IMG_4533.JPGIMG_4532.JPG

 

その後、いくつかのフォトストップに寄りながら今宵の宿に向かいます。

IMG_4535.JPGIMG_8193.JPG

 

19:20 Guest house Gerdiに到着

2.JPG15.JPG

20:30 夕食

事前にバスの中でメニューを決めてガイドさんが注文しておいてくれるので、自動的に食事が運ばれてきます。

主なメニューは4000ISK程度。注文せずに自分で持参した物を部屋で食べてもOKです。

DSC04237.JPG14.JPG

 

いよいよ明日はブルーアイスケーブに入る日!

でも急に雨や風が出てきた模様、、、入れるか不安なまま3日目が終了。

 

【4日目 南海岸とブルーアイスケーブ1泊2日ツアー(2日目)】

朝起きると昨晩からの激しい暴風雨が続いており「多分アイスケーブには入れないだろうなぁ」とショックを受けながら身支度。

P4014125.JPG

8:00 朝食

朝食をいただきながら、他のツアーメンバーと話していると「まだアイスケーブに入れないと決まった訳ではない。ガイドによると50%50%らしい」とのこと。再び気力を取戻し、洞窟に入れることを祈ります。

P4014122.JPG

 

9:00 アイスケーブに向け出発

実際入れるかどうかは洞窟の前まで行ってみないと分からないとのこと。皆で祈りながらアイスケーブに向かいます。

スーパージープで向かうのですが、道が雪でボコボコで、道中かなり車が揺れます。

そして、、、なんと、洞窟は閉まっていないので、無事入れることに!!よかった~!

ヘルメットとアイゼンを装着し、洞窟に向かいます。歩くこと1-2分。

IMG_8197.JPGIMG_8200.JPG

アイスケーブは自然のものなので、毎年場所は異なりますが、今年の洞窟は足元が砂利だったので、滑ることがなくアイゼンが必要ないほどでした。

中に入ると美しいブルーが目の前に。。。

IMG_8242.JPGIMG_8223.JPG

IMG_8215.JPGIMG_8256.JPG

美しい青さを前に夢中でカメラのシャッターを押しました。

雨の影響で天井からは終始水滴がポタポタ、カメラが濡れないように注意が必要です。

1時間程、美しい洞窟を堪能し、出発です。

 

11:15~11:50 ヨークルサルロン(グレイシャー・ラグーン)

ヴァトナヨークトル氷河の最南部にある氷河湖。多くの映画やCMのロケ地としても使われています。

IMG_8280.JPGIMG_8285.JPG

 

12:00~12:20 ダイヤモンド・ビーチ

ヨークルサルロン南側のビーチで、氷河湖から流れてきた無数の氷のかけらが打ち上げられています。

太陽の光によって輝く様がダイヤモンドのように見える為、ダイヤモンド・ビーチと呼ばれています。

IMG_8291.JPGIMG_8297.JPG

 

13:00~13:50 パーキングにて昼食

朝から雨が続いていましたが、この頃には晴れて、周りの山々がキレイに見れました。

IMG_4568.JPGIMG_4567.JPG

 

16:00~16:15 ディルホラエイ

アイスランド最南端の、海に突き出た断崖です。

IMG_4575.JPGIMG_4576.JPG

元々ツアーの終わりにオーロラハント・ツアーが付いているのですが、この日はあいにく天候不良により中止。予定より早めにレイキャヴィークに戻ります。

 

19:00 Foss Hotel Raudaraに到着

DSC04244.JPG

長距離移動で疲れたこともあり、明日に備え早めの就寝。

ここで4日目が終了。明日はいよいよギャウのシュノーケリングです!

その②はここまで!続きはその③の更新をお待ちください。

 

特派員レポート一覧

スマートフォンでも見られます!
北大西洋諸国ガイドブック アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島を紹介。数少ない日本語のガイドブックです。

スマートフォンサイトもあります。

スマートフォンサイトに移動