アイスランド航空・グリーンランド航空・アトランティック航空日本総代理店 株式会社ヴァイキング
株式会社ヴァイキング 4航空会社日本総代理店 アイスランド航空 グリーンランド航空 アトランティック航空 エアーアイスランド よくある質問Q&A お問い合わせ 当サイトの使い方
HOME モデルツアー 航空券 ホテル 現地ツアー

地域情報・観光スポット

アイスランドは決して小さな国ではありませんが、発達した航空網と道路網によって、殆ど全ての観光ポイントが首都からの日帰りで可能な国です。
レイキャヴィーク滞在型の日程もよし、時間をかけてアイスランドを一周するもよし、平和で安全で空気と水のきれいなアイスランドでは、温泉三昧、大自然、グルメをご堪能いただけるに違いありません。

当社では、アイスランドの旅に必須のホテル、各種のエクスカーション、国内線フライトなどのご旅行のパーツから、アイスランド航空グループの総力を結集した現地発の周遊型の旅までをご案内しています。

一覧から観光スポットを探す

レイキャヴィーク

人口31万人の国アイスランドの約3分の2が住むレイキャヴィーク首都圏には、北欧アートやデザイン、ユニークな音楽の華が咲き誇っています。
中世ヨーロッパの面影を残す瀟洒な旧市街、世界一小さいが完全な近代国家の首都機能を備えた新市街が整然と並んでいます。

レイキャヴィークとは「湯けむりたなびく湾」の意味、温泉の湧き出る海岸もあり「欧州温泉連盟」に所属する世界一空気と水が清浄で治安の良い「温かくて暖かい」街です。世界一美味しいとされるラム、新鮮な魚介類は若い精鋭シェフの技で最高級のグルメとして人々を魅了しています。

詳細を見る

レイキャネス半島

ケプラヴィーク国際空港に降り立ち首都に向かう。大地の割れ目「ギャウ」が縦断し果てしなく続く溶岩台地のレイキャネス半島の風景を目にするとき、旅人は不思議な安堵感に包まれます。水平線に向け北大西洋が無限の広がりを見せる屹立する海岸には季節ともなればヒメツノメドリをはじめとする海鳥が群れています。
世界最大級の癒しの露天温泉「ブルーラグーン」もこの半島に位置します。

詳細を見る

南部アイスランド

アイスランド観光のハイライト、黄金の滝、世界遺産シングヴェトリール国立公園、ストロックル間欠泉(ゲイシール)のゴールデンサークル、のどかな田園地帯いくつもの名瀑が連なり、奇岩ディルホゥライエと続く南海岸線。「雷神の森」ソルスモルク、川の中の温泉でハイキングの疲れを癒す活発地熱帯のランドマンナロイガル、火口群が神秘なつながりを見せるラーカギーガル、欧州最大規模の氷河ヴァトナヨークトル、地球のエネルギーを秘めたウェストマン諸島など必見のポイント溢れるところです。

詳細を見る

内陸部(ハイランド)

地球創生の神秘に触れる高原地帯です。

流れる川を横断して走る観光バス、忽然と現れる地熱帯など。
スーパージープを駆ってのツアーもお勧めです。
南北を縦断する主なハイランドルートは地熱帯キョールルルートと東部スプレンギサンドゥルルートの2本。
(道路事情により夏季のみ通行可能)

詳細を見る

東部アイスランド

南東のホプンはアイスランドロブスターでも有名な町。
ここから始まる東アイスランド海岸線は屹立する絶壁と、複雑に入り組むフィヨルド海岸が 鋭利な光景を演出しています。

エイルススタージルは北アイスランドハイライトへの東側の入り口。
月面にたとえられるアスキャ山へのゲートウェイでもあります。
セイジスフィヨルズルは風光明媚な港町で、フェロー諸島への定期貨客航路の起点でもあります。

詳細を見る

アークレイリ

北部アイスランドの観光拠点の漁業の町は人口約18,000人のアイスランド第二の「都会」でもあります。北極圏南限に隣接していることから夏は「白夜」、秋から春にかけては「オーロラ」と天空の2大ページェントに包まれています。童話作家として有名であった神父ヨゥン スウェンソン(ノンニ)の生誕地でもあります。アークレイリを中心とする北部はアイスランド屈指の豊かな植生にも恵まれています。首都からラングヨークトル氷河上空を縦断する国内線で45分。

詳細を見る

北部アイスランド

地球の割れ目ギャウが北部中央を南北に横断し、アイスランド最大の地熱帯を抱える。古来「氷河の下の火山群」の地帯と言われ、まさしく「火と水」の競演する地方です。
火山活動でせき止められた湖ミーヴァトンは擬似火口プセウドクレーター群で賑わう。

欧州最大でもっとも力強い滝デティフォス、ヴァイキング時代の神像が眠るゴーザフォスの滝、ホエールウォッチングで有名なフーサヴィーク、奇岩の連なるディムボルギル、アイスランドホースの町ソイザルクロゥクルなど魅力溢れるポイントで旅人を魅了します。

詳細を見る

西部アイスランド

球のエネルギーを秘めるとされるスナイフェルネス半島の風光明媚な海岸線、ヴァイキングがアイスランド人として定住し始めた町の一つボルガルネス、サガ文学の故郷レイクホルト、杉綾模様の名瀑フロインフォッサルなどの西アイスランドは歴史文化ゾーン。同時にもちろん自然も豊かで、14km高さ411mの絶壁ラトラビャルグはアイスランド最西端の圧巻のポイントで、夏にはニシツノメドリがのどかに営巣しています。言葉を失うほどに荘厳なフィヨルドに囲まれたイーサフィヨルズルを中心とするウェストフィヨルドはアイスランド人をしても「一度は訪ねたい旅行地」であります。

詳細を見る

オーロラ

アイスランドは「オーロラ発生帯」直下の国。メキシコ湾流に囲まれ首都レイキャヴィークの冬の気温は寒い時でも平均プスマイナスゼロ、つまり北海道よりも暖かいといえます。
また北極圏に位置していないことから冬至の頃でも一日5時間程度の日照があります。
さらに緯度が低いためオーロラの可視期間は8月下旬から4月初旬と長いのも特徴です。
世界の首都でオーロラが頻繁に出現するのはレイキャヴィークとグリーンランドのヌークだけ。国中に温泉が湧き、真冬でも日中は太陽光のもとで観光が楽しめる。これがアイスランドのオーロラです。

詳細を見る

スマートフォンでも見られます!
北大西洋諸国ガイドブック アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島を紹介。数少ない日本語のガイドブックです。

スマートフォンサイトもあります。

スマートフォンサイトに移動