アイスランド航空・グリーンランド航空・アトランティック航空日本総代理店 株式会社ヴァイキング
株式会社ヴァイキング 4航空会社日本総代理店 アイスランド航空 グリーンランド航空 アトランティック航空 エアーアイスランド よくある質問Q&A お問い合わせ 当サイトの使い方
HOME モデルツアー 航空券 ホテル 現地ツアー
HOME > 北大西洋諸国 旅ガイド > グリーンランド旅ガイド

グリーンランド旅ガイド

『氷の島』グリーンランド

グリーンランドは世界最大の島。純白の峻烈な氷と岩だけの景色から、みずみずしい緑の丘まで、オーロラが天空を舞う秋冬春、真夜中でも太陽が照り続ける夏の日々。実にさまざまな表情をもった大地です。 ジャコウウシ、トナカイ、シロクマ、イッカク、ワシ、鯨、サメ、アザラシ、セイウチなど、壮観でそして愛くるしい野生動物たちが多数生息しています。

一年中冒険と魅惑に満ち、季節により変化するワンダーランド

見渡すかぎり果てしなく続く氷原、人間の想像を超えた自然の彫刻である氷山、雪や氷がこんなにさまざまな色を帯びるのかと驚くことでしょう。

グリーンランドの第一の魅力である氷河や氷山は一年中見ることができるものです。 そして大自然が自在に魅力を見せてくれるこの国は、世界でも有数の、人情にあふれ、手厚く来客をもてなす習慣のある土地なのです。グリーンランドの優しさは一年を通じて感じられます。この国では「知らない人」というのは、まだあったことのなかった「友人」なのです。

グリーンランドには、権力者や為攻者が歴史上存在したことはありません。歴史すら書かれたことがありません。 お城や宮殿も建てられたことがありません。この国で「英雄」として語り継がれているのは、大自然と共生する「狩猟の達人」です。貴重な「博物」は狩猟の為の名具です。

北極圏の北、そしてグリーンランドの東海岸では、犬ぞりが使われています。特にディスコ島では冬の間「犬ぞりツアー」が可能です。そりを引くのは純血のグリーンランド犬。これらの地域は、冬季に海が凍る地域とも重なり、犬ぞりでの猟は、陸よりも海氷の上を行くことの方が多いです。

グリーンランドのオーロラ

オーロラの魅惑的な現象は、太陽からの電子が地球の磁気圏に作用して、極地のはるか上空で起こるもの。 特にグリーンランド南部は、1年中毎日オーロラが出現する「オーロラ・オーバル」が通っているので、白夜以外の季節には、かなり高い確率でオーロラを見ることが出来ます。 一番よく見えるのは、晩秋から早春にかけての晴れた夜空です。グリーンランドではオーロラのことを「アーサーンネッ」と呼びます。「球技をする人」という意味です。この国の神話では、オーロラは天に昇った人々の魂がアザラシの頭の骨でサッカーをする時に現れる、とされているからです。 白、黄色、緑、赤。永遠の美でありながら、刻々と絶えず変化するオーロラ。天空を横切り、大自然が光の舞いを演じます。 世界の人々を魅了してやまないこのショーの最前列の客席には、いま、あなたのシートが用意されているのです。グリーンランドの手つかずの自然の静寂の中で、オーロラを鑑賞してみませんか。

地球が生み出す壮大な作品、氷山

万里の長城やエジプトのピラミッドは、当然人類の壮大な作品として有名です。しかしグリーンランドの自然がもたらす不思議、氷山の前には色あせて見えるのではないでしょうか。ここには人の手による何ものよりも荘厳な印象があります。内陸氷床から海に放たれる雄大な氷山は、数万年以上前にグリーンランドに降った雪が圧縮されて氷になったものです。

ボートに乗って近づくと、頭のはるか上にそびえるその大きさに圧倒されます。そしてこれらの巨大な氷塊の上に太陽が輝けば、その美しさは息をのむほどです。ディープ・ブルー、白、エメラルド、朝焼けや夕日を取り込んだパープルやピンクまで、数え切れない色彩の濃淡が限りない透明の奥底に澄んでいるのがわかるでしょう。自然のかもしだした芸術が複雑な大彫刻として眼前に繰り広げられます。

氷山の中には溶けるまでに4,000kmも流れていくものもあります。アイルランドや遠くではバミューダまで流れてきた氷山を見かけた例もあります。氷山のうち海面より上で眼に見えているのは10分の1だけです。

※ご予約はご出発の1ヶ月前までの受付となります

スマートフォンでも見られます!
北大西洋諸国ガイドブック アイスランド、グリーンランド、フェロー諸島を紹介。数少ない日本語のガイドブックです。

スマートフォンサイトもあります。

スマートフォンサイトに移動